life and journey with camera.
http://time-triper.petit.cc/
@timetriper
|  note  |  lifelog  |  analog photo  |  trip  |  album  |  me  |
Img20060823193714
夏休み はいかがお過ごしですか?

この前ニュースで、こんなことを聞きました。
今年のお盆休みの過ごし方で一番多いのは「自宅でゆっくり」
・・・だそうです。

確かに暑くて、どこも混むし、高いけど・・・
自宅で休みを消化してしまうなんてもったない!

私は機会あって、ベストシーズンの夏のモンゴルに行ってまいりました。



旧ブログにも以前書きましたが、モンゴルの魅力は、
とにかく「すべてがシンプル」なことにあると私は思います。

たとえば 「空」

モンゴルの広い大地には、木や森やビルなどの
遮るものがほとんど無い。

極端に言えば、170℃くらい空が広がっていると言っても、
過言ではありません。

手の届きそうなところにおっきな雲や青い空が広がり、夜には
満天の星空が、今にも降ってきそうな世界なのです。

Img2a20060823185647
Img3a20060823185647


遮るものがない分、空の変化がよくわかります。
星空、朝日、夕日、雲・・・
ただそれだけ、それだけでも魅力満点です。

空って、きっと全く同じものには出会えない。
一瞬一瞬で変わるパノラマ。

カメラを携帯しないと、損した気分になりますね(笑)



「空」は一年中楽しめる物ですが、この時期限定もあります。
それは、「草原に可憐に咲く草花」

モンゴルの夏は短くて早い。

緑の季節はたった3ヶ月。
あっというまに厳しい冬がやってきます。

そんな短い夏を彩るように、草原にそっと咲く花々。

あやうく踏んでしまいそうな小さな存在ですが、
厳しい自然環境下で、優しい気分になれる、大切な物です。

Img4a20060823191246
Img5a20060823193714


で、結局何してたの?と聞かれそうですが・・・
えぇ、ひたすら「馬」に乗ってました。

日本では、まずありえない、だたっ広い草原を走り、
丘を越え、井戸で水を飲み、山頂からの景色を望む。

自然と大地、『地球はでっかいな~!』
と誰もが思い、小さなことは忘れてしまいます。

日本の暑さと喧騒を忘れ、こころを癒す旅。
是非、機会を見つけておでかけください。