life and journey with camera.
http://time-triper.petit.cc/
@timetriper
|  note  |  lifelog  |  analog photo  |  trip  |  album  |  me  |
Img_0f221b1179d954adeb2f880b8409775a622bf768
「雨の北八ヶ岳、もふもふの森ハイク vol.2」

のおはなしをば。  (Click!) 



"晴耕雨読"とはよく言ったもので、雨の音を聞きながら、
『北八ッ彷徨・随想八ヶ岳』を読みふけり、眠りにつく瞬間がとても好き。

-------

「北八ツでは、なんじまでにあの峠について、
 なんじまでにあの頂を
 出発しなければならないというような、
 時間にしばられた歩きかたはしない。

 いいところがあれば、ねころんで煙草をすって、
 いろんな空想をあたためたり、
 ヒガラやメボソのきれいな声に耳をすませたり、
 気がすむまで腰をあげない 
 気がむいたら、予定を変更して、
 まだ陽のたかいうちから天幕をはったってかまわない

 おもいでの質量というものは 
 歩いた距離にばかり比例するものではないということを、
 この山地の気ままな山歩きがおしえてくれたからだ。」

「北八ッは森の高地である。
 鬱蒼とした針葉樹の原生林がいちめんに、
 なだらかな山々の起伏を被い、
 山奥の澄んだ湖がひっそりとした森のしじまを映している。

 この裏八ヶ岳ともいうべき陰の濃い山域には、
 八ヶ岳の本峰である南八ヶ岳の、
 あの気負い立ったような激しさと鋭さはないが、
 そのかわり、いつまでも人の胸に残るような、
 奥ぶかい静けさに充ちたやすらぎがある。」

-------

リアルに旅をしている瞬間だけではなく、旅を終えてから
写真や日記を見ながらタイムトリップするもよし、
本を読んで再び想いを馳せるもよし。

旅する時間もスタイルもさまざま。

過去・未来の旅時間が多ければ多いほど、自分にとっての
"良い旅(旅先)"なんだろうなと思う、今日この頃です。

※TOPのfickr写真が見られない方はこちらから  (Click!) 
Img_4919230d2dd727d372b048fed6071c81a6ad2b4c
先週のおわりにコルクマットが届いてから
一段とおくつろぎの様子の黒犬さん。

びよ~ん...


2年前のリフォームでスケートリンクと化した
我が家の床が以前から気がかりでして。

調べてみるとフローリングで足腰を悪くする
わんこもかなり多いのだとか。

コルクマットのなんともソフトな足心地に姪っ子は
ごろごろりん、そして冬は暖かいので母も大喜び。

普段は家の中で自由きままに暮らしている黒犬さん。

なかなか家にいない飼い主ですが、少しでも
快適にすごしてくれたらうれしいぬぁと。

なにやら暇さえあればまったりしている黒犬さんを
ほほえましくながめる、きょうこのごろです。
Img_9e543950906eced38a33e29521126599ed13f09b
ファルトボート(折りたたみカヌー)を買おうと決めたのはいつのころだったか。今となっては、きっかけも忘れてしまったけれど、ずっと心の中で温めていた夢。「ゼッタイいつか買う」と周囲に宣言すること早2~3年。夢は、口に出さないと実現できないとよく聞きますが。

・・・ようやく実現しました。

マイカヤックは先週手元に到着 (Click!) しており、本当は日月でキャンプでも~と思いつつも、積もり積もった疲労のためカラダ動かずで、1Day kayakingにシフト。平日の本栖湖は人もおらずで完全貸し切り。夏空もすっきり晴れ渡って、風も穏やか。いや~、最高のカヤック日和!
Img_ba5eb86b651de87127c900750e4644e698404b8b
Img_69a892dd07e9311affc4afd3096dcd92e52b8411
Img_6412273ee5b49878fac07be8f48841bc045c9741
ひさびさにカヤックに乗った黒犬さんは、最初はあわあわしてましたが、その後は終始まったり。っというか、フロアマットが気持ちよかったのか、ほとんど寝てましたけど。・・・なんて贅沢な昼寝なんでしょう。

この時の気温は23度くらいだったので、風がとっても気持ちよかったですねー。

カヤック中はサングラスしていたので最初は気付きませんでしたが、iphoneで写真を撮っていたら、その蒼さにうっとり。これぞ本栖湖ブルー!きれいで静かで居心地よろし。また本栖湖がいっそうお気に入りになりました^^
Img_49b30e251be15fb1cf8f8f7e62da778917729600
2~3時間ほどのんびり漕ぎ、おなかがすいたら岸辺へreturn。あとはタープとコットを持ち出し、湖畔ピクニック&おひるねタイム。TWINGは、適度にプライバシーが保たれ、ちょうどいい感じで風も入ってくるので、とーっても気持ちよかった。

夕焼けにさしかかった頃、撤収をし、最後は山中湖のカフェでほっこりした後、さくっと帰宅。本栖湖は我が家からほど近いので高速代も不要、駐車場・デイキャンプ料もFreeなのもなにげにうれしい。今後、ちょっとしたサーフィン気分で通うことになりそうです◎ ※iphone写真はこちら  (Click!) 
Img_079a33eeac5090b9edc59985c3d6015c1bc50cc1
日に日に、そして着実に増えつつあるカヤックギアのお話。
忘れないうちに、mononoteにメモしてます  (Click!) 

ギア選びのこだわりなどもちょこっと書いてます。

まぁ~、なににつけてもじっくり厳選派の私は、
一つ買うにも時間がかかるわけでして。

時間をみつけては、あーでもないこーでもないと
ギア選びにいそしむ今日この頃です。

(悩む時間すら無いのが今一番のネックですが。。。汗)

まだまだ、続々ふえてきまっせ!