life and journey with camera.
http://time-triper.petit.cc/
@timetriper
|  note  |  lifelog  |  analog photo  |  trip  |  album  |  me  |
Img_5aea945ad25292e1f4368112c3e4e44a
ご報告が遅くなりましたが、2/22の夜、

予定通りモロッコから帰ってきました~。



いつになく、時差ボケに悩まされ、先週いっぱい

体内時計が狂ってましたが、、、

一週間かかって、ようやく直りました。(ほっ)



モロッコ訪問中は、一時的に激しい雨に降られましたが、

その時以外はこれまでで一番の晴れっぷりで、まさに

‘目一杯’の星空を堪能することができました^^




Img_5f2febd07b25f68eeea8186d00d02d31
砂漠では、それぞれ異なるロケーションで泊まることができたので、

それはそれは毎夜毎朝のフォトジェニックな景色が楽しめましたねぇ^^



ちなみに、今回の撮影枚数は、デジイチだけで700枚以上。

一方、フィルムは50枚程度といったところでしょうか。




帰国後、すぐに現像をしたのはやはりフィルムの方で、

お気に入りもフィルムの写真がおおいデス。



Img_3c6814fc410e78ad22c2213a5568300a
余談ですが、今回、日記に貼り付けているのはすべて、

30年前の中判カメラで、リバーサル(ポジ)フィルムをいれて

撮影した写真達です。


(リバーサルってなんぞや?って方はwikiさんへ  (Click!) 



ポジはスキャナーでデジタル化してしまうと、その時点でかなりの

情報が失なわれてしまうのですが、それでも、ポジならではの

透明感やnaturalな色彩、やわらかさ、そして、見た目に近い

光の感じが映し出されているように感じられませんでしょーか?



ちなみに、参考までに、同じときに、デジイチで撮った写真は

こんな感じです。


 (Click!) 
 (Click!) 

Img_4e17031229c3db530ad4ebfc408204b8
(FUJI GS645 × FUJI PROVIA100F)


そして、出発前に公言していた通り、フィルムでの星景写真も

チャレンジしてきました。



なんとこちらは、フィルムで初めて撮った、一写目の星景写真です。

サハラ砂漠の砂地で、約一時間ほど開放しました。



(正直、デジでも画像処理で似たようなことはできますが、

電池の問題や、砂埃が舞う環境での長時間露光は厳しいです)



で、数日後、現像が出来上がってきて、ドキドキしながら

ポジを見た瞬間に「わぁ~!(パチパチ)」と、ひとり拍手を

してしまったのは、ここだけの秘密です...笑



通常、リバーサルフィルムは、ライトビューアーとルーペで

閲覧するのが主なんですが、この写真に関しては、折角なので

フチにいれて飾れるように、大きくプリントすることにしました。



出来上がりがまた楽しみです^^




これに味をしめて、自分の中で、中判カメラ熱が盛り上がっている

今日この頃。



いや~ 上達云々は抜きにして、ここまで熱中できることがある

ってのは、幸せなことですね。



近々長い休みに入るので(いまさら今季の夏休みを取るという、、、)、

また、ぼちぼちとマイペースに撮っていきたいと思います^^ 


Img_e4948857d0fd3f345fe2bbcb9747791a


世間から半年以上遅れた夏休みをただいま満喫中~

だったりする今日この頃でありますが。



何を隠そう、2週間ほど前に、また新たなカメラを

購入いたしました。



写真を見ればおわかりの通り、rolleiflexという

二眼レフの王様と呼ばれるクラシックカメラです。




Img_4ddf8401fb5a6a64f22531e759d00956


実は、かれこれ10年ほど前から、

ウェストレベルファインダー(下向き)で撮る

カメラの撮影スタイルに興味があり、中判カメラで

ましかくな写真が撮れる二眼レフは、ずっと昔から

あこがれていたカメラの一つでした。







Img_68b53e8a7b864e0e51743baf25b6a820


二眼レフの良いところは、、、


意外と小さくて軽い(レンズ込みで1kg前後)

シャッター音がとても静か

見た目もかわいく、撮れる写真もかわいらしい

被写体に目を合わせないので、ポートレート撮影に向いている

ピントがあわせやすい

ブローニーフィルムで12枚(120)というのは、使い勝手の良い枚数

などなど...。

まだまだいくつかありますが。



さしあたって、私は、このローライくんで、

my happiness & love & like な'‘ ヒト’や‘モノ’を

ゆるりと撮り残していきたいなぁ、と思っています。


(モロッコに持参したGS645の中判カメラは山岳風景や空、星景をメインで。)





Img_e970462bf38b02cfea91cd46ae3daf61


先日、いつものひなたぼっこ場所でぬくぬくしている

黒犬さんをさっそく撮ってみましたが。



カメラ嫌いなので、デジタル一眼レフを向けると、いつもなら

すぐに逃げていっちゃうんですけども、ローライくんは怖くない

みたいでそのまま、また幸せそうに寝ておりましたねぇ。

ふふふふふ





ちなみに、買った場所は、2月末の週末に行われていた

中古カメラ市@松屋銀座で、です。




もう、お店もたくさんあるので、二眼レフがずらりと

並んでいて、見ているだけでも大興奮・・・!でした。


で、当初は、rolleiflexは高すぎる&ちと重いので、それよりも

軽量で安価に買えるローライコードの後期モデルを買うつもりで

行ったんですけども。



Img_6e490f17f717e63d2d272459d304b640


いくつか見ている中、なんと予算範囲(5万円)以内で収まる

flex機がふと目にとまりまして。


それは、rolleiflex T型という、当時は普及型といわれていた

モデルだったのでした。(そのとき初めて知りました)



ちなみに、ローライはいくつものモデルがあり、人気のレンズの

機種だと最低15万円以上、最も人気があるものは今でも

30万円位するそうです。



で、それはT型の露出計がないモデルだったので、デザインも非常にシンプル。

電池も要らない、完全フルマニュアル機で、

重さも約1kgと、私のニーズにあっているではありませんか。



しかも、何よりそのカメラ屋さんがとっても親切・丁寧な説明で、

最後は、それが決め手で、決めたようなものですね。



ちなみにそのカメラ屋さんは、御徒町にある喜久屋カメラさんです。 



で、買うとなったら、使い方も一からきっちり説明してくださって、

フィルムの付け方から、実撮影、巻き取りまでちゃーんと

教えてくださいました。



あ~ ありがたやありがたや。






Img_041dab463fb1d0b7ae77a8473c5f258d


で、いまは、ローライくんと仲良くなるべく、

いろいろ試行錯誤中な毎日でありまして。



操作方法は簡単ですが、一枚写真を撮るごとに、

まずは構図を決めるところから始まり、露出を測って、

絞りを決めて、シャッタースピードを決めて、

ピントをあわせる、という手順をふむ必要があります。



つまり、なにを撮るにも、slowな時間が流れるカメラ、

なんですね。



しかし、こうゆう古いカメラを持つと、そのカメラが

似合う旅先に自然と足が向かうようになるんですよねぇ。

これもオールドカメラマジック、かもしれません。





Img_7287439207a461d61fdb055bafc76787


このひとつ前の写真からは、昨日、伊豆下田のペリーロードで

撮ってきた写真たちですが。





の~んびり歩いて、よくよく見たら、、、

「海賊王」の船が停まっていたり^^





Img_70d737b6ed67470e9b3d034f20a4fc12


歴史を感じさせられるレトロな橋が掛かっていたり。






Img_ea619f1ec7654e339c5c026f6e03c738


建物一つ一つも、個性があって味のあるものばかり。




Img_55326c376bb66bda7179b0468771dc6b


このラヂオは、まだ聞けるのかな?




Img_d7aa38dc6c68cb34bed6acdb40db6d84


最後、足休めに入った喫茶店平野屋さん。

(ナニ コノ カワイイ クリームソーダ!)



平野屋さんの建物は、江戸時代、外国船に対し必要品などを供給する場所、

欠乏所として建てられたものなのんだそうです。




Img_dc43fc2de8548ece6656eaa541ec3625


今は小さな美術館を兼ねた喫茶店で(足湯もあるらしい)、

おすすめのかぼちゃケーキの美味しさといい、

レトロな雰囲気といい、

お店の方の人柄といい、

どれもすーっごく素敵で、ぜひまた訪れたい喫茶店になりました。






Img_eadae613c9d28737f160a4df111009f0

弥生月に入り、日に日にどんどんあったかくなってきて、

自然と外に出かけたくなる、春めいた陽気になってきましたねぇ。



・・・うずうずそわそわ。



しばらくは、slowなカメラを持って、いろんなところに

ゆるりとお出かけしたいなぁと日々目論む、今日この頃です^^


Img_ed372cbb00ba92fd1e85dc664afa7082



Img_762b2f6a19e6023c9b5a3c7204e284c1
先週末に開催された「camp band night vol.2」のおはなしをば。

 (Click!) 


つい先日(3/5-14までの10日間)までは、世間から半年以上遅れての夏休みでした。



当初は、オーロラを見に、アラスカかアイスランドに

行こうかなぁ、小笠原もいいなぁ、な~んて思っていたりも

したのですが。



泊まりたい宿がいっぱいだったり、仕事が立て込んできたりで

結局ノープランのままお休みに突入。



年末から立て続けに、仕事で海外に2回行っていたこともあってか、

あまり遠出欲もなかったので。



今回は近場で、のほほんと早春の風景を満喫してきました。



Img_d652cc498d4a7a1306fbaa6b257cf282

(南伊豆町・青野川河口よりお花見カヌーへどんぶらこ~)



Img_40bab3c1a0ec4d54a1fcfc068cc8730e

(見事に満開!だった河津桜を堪能)



Img_0903034571534b65869aa77708ab0284

(この表情は、ネムイのか眩しいのか・・・笑)




Img_731f9bed1895fc55c68f3b8fbe5e963a

(鎌倉幕府開運街道をテクテクテクテク)



Img_54bbbac762e2267a1fd6cb94dbe3b885

(菜の花と梅のかほりに酔いしれる登山道入口)



Img_181b12376244fa3784d6e9fd6dea52f7

(スッキリ晴れ上がった青空の気持ちよさったら。)



Img_5cf8b49baffe799cbc2964b272395355

(幕山山頂へ向かってエッサホイサ)



Img_338bfa7709a3bc9afc991ff1b3b1c4d5

(あいにくの曇天だった幕山山頂。でもポジで見る雲の立体感は結構好き。)



Img_d83036548dfa1070613941df362f75c1

(見ごろを迎えた湯河原の梅林を見ながらの下山)



Img_4ca3d4fd878413f10fcfa1c4f8b984e7

(ソメイヨシノのつぼみもぷっくり。ぼちぼちこちらも開花かなぁ。)



ちなみに、今回掲載した写真はすべて、30年前に作られた

中判レンジファインダーカメラ(FUJI GS645)で撮影。



ポジスキャンをしているので、実際の美しさとは少々変わっていますが。

フジノンレンズのシャープさはすごいなぁと、改めて。


フルマニュアル+一眼レフではないので、ピントが合わせるのが

一苦労なのですが、思ったよりちゃんと写っていて安心しました~



やっぱり中判フィルムカメラは奥が深くて楽しいですねぇ。

(もう最近はほとんど、デジイチは持ち歩かなくなりました)



今のところは、二眼レフのローライフレックスくんでは人や街並みを、

軽量なGS645はお山に連れて行ったり、自然風景や星景写真を

撮っていきたいなーと思っているので。



今度はどこのお山に連れて行こうか、妄想にふける今日この頃であります^^



きづけばもう、あっというまに春分の日。



そして、この時期は春のお彼岸でもあるワケで。

恒例のお墓参りへ、家族揃ってでかけてきましたー。




Img_69a12e138e9d59291f81e0e1d02eebb0

いつも霊園の方が綺麗にしてくださっていて、ありがたい。

あったかくなってきたから、

お花も少しはもってくれるといいのだけど。





Img_cb081acc4864d9d99d94c34d46560c44

今日のお昼はパン屋さんで。

子供の頃、わたしもドラエモンパン大好きだったなぁ。





Img_1f60c3d71ffee4433f585113d566de91

ワンコも、ちゃーんと、赤ちゃんが大切な存在だってわかってるんですよね。

一見泣いてるように見えますが、よく見ると、笑ってます^^ 





Img_d53e57a7f480dd57bce121137abd9a7e

姪っこ2号は、ただいま生後6ヶ月。

最近寝返りを覚えたそうで・・・





Img_48f7b90ccd73e2f19782405c5c0f4fd0

くるりん。

「・・・ドヤっ!」 なドヤ顔もいっちょまえ。笑





Img_b6729496afcdbcb188a076a373b308d2

でもまだうつぶせからは、も”と”れ”な”い”~・・・

あ”~ う”~ 





Img_b1225a28435b2b53415762552c97e858

しかしこの、むっちむちのあんよとおしりが

たまらんのですよ。





Img_1e8c2a139f1cc0c9f75ba7d6a7746273

「THE のびてるひとたち。」

びよよよよ~ん。





ちなみに今回は初めて、ローライくん(二眼レフ)

を連れてのお墓参りだったのですが。




やっぱりデジタルで撮るより、あたたかみがあって良いなぁと。

フィルム写真の、このやわらかな描写が大好きですね。




これからも、こうやって、家族や仲間たちとの大切な時間や瞬間を

じっくりのんびり、そして大切に、撮りためていこうと思っています。