life and journey with camera.
http://time-triper.petit.cc/
@timetriper
|  note  |  lifelog  |  analog photo  |  trip  |  album  |  me  |
Img_707cfcdc2fe3cd8936d9cea4542d1a16
9/22-23の山旅日記を更新。



初秋の火打山縦走のおはなしをば。

 (Click!) 



Img_09838a19bb08474621114dd5aceaeccc
( Ricoh GXR + Leica summar 5cm F2 )


「なんか、いい感じのカメラだね〜」

周りからそう言われることが多くなりました。





ここのところ忙しくて日記を書く余裕すらない日々でしたが…


10月のあたまに有楽町で開催された中古カメラ市で、
縁あって古いレンズを買いました。


その名はSUMMAR.


ズマール、ズミタール、ズミクロン…
ライカのレンズ名は、まるでドラクエの呪文のようです…(^^;;


求めていたレンズは、40-50mmの単焦点で、明るさはF2以下。
なるべく軽くて、出来れば沈胴するもの、でした。
(しかも予算は3万円台)


「ライカ」と聞けば、それはそれは高価な値段で、庶民の
私は一生手にすることなんて無いと思ってましたが、
市場で人気の無い、それこそクセのある古いレンズは、
実はお値ごろ価格で取引されているんですねぇ。




名称:SUMMAR(ズマール)5㎝ F2(沈胴)
製造:ドイツ エルンスト・ライツ
発売:1933年~1940年
コーティング:なし
鏡胴:沈胴式、真鍮クロムメッキ
最短撮影距離:1m
距離目盛り:フィート
絞り値:2・2.2・3.2・4.5・6.3・9・12.5
絞り形状:6角形 
マウント:ライカL
重さ:180g


そんなこんなで、お財布にやさしいズマール爺やは、
縁あって私のところにやってきてくれたんですが。


このレンズ、開放付近で撮ればソフトフォーカスが
かかっているような写りになり、被写体によっては、
まるで「絵画」のようにも見える写りをします。





Img_21519f78a18ce4ee99885bc5215664a6
明るい日射しの下ではふんわり感が増し、





Img_909cfa0d1ac20a48bff97c0b4ebd674c
フワッと浮き上がるような立体感と奥行き感がいい感じ。





Img_2ec7f130342ba6822ede5781fb515f99
f2なので、星の写真だって撮れちゃいますよ。





Img_ccb162cc4e3c8a80c9310df63ad1fc0d
カラーフィルムがない時代のレンズなので、
モノクロでとてもいい描写をしてくれますし、





Img_6585944285d5151c37066eb158d5f127
浅めのコントラストがなんとも古いレンズらしくて良い。





Img_15aa934615218ea87a71d78e10936737
繊細でやらかい描写は、ポートレートや動物を撮るのにもピッタリで





Img_5e7dc8f4e7bada8d58acaf4d963715f5
グルグルぼけもまた味わいがあって好きですねぇ。





Img_8c7c36fd23460cc1e6cb445700872429
いやはや、心底、撮って楽しい





Img_ab1db9e6147ca00cedc9b70757a86ae8
持ってて嬉しいオールドレンズだな、と。





安く売られているということは、つまりは、こういった
ソフトな描写を好む人が世間には少ないということ
なのかもしれませんが。


必ずしも、高価なレンズほど良い!というわけではなく、
自分の好みにあった描写をしてくれるレンズこそが、
その人にとってのBEST BUYなんだろうと思います。



近々、CLEにモノクロフィルムを詰めて、モノクロ散歩に
繰り出すのが、いまからとても楽しみです(^^)




Img_615cadac54f48845d07b620e878e6349


今年の紅葉は、火打山を皮切りに、今月になってからも
3回ほど山歩きへ行っていますが、まだしばらくは
ブログを書けそうにありません・・・汗



いつもの通りフィルムで撮っているため、現像するだけで
1週間待ち、その後、よさげなものだけ見繕ってプリントを
オーダーしているのですが、なにせ世間は行楽シーズン、、、。


いつも以上に時間がかかるようで、まだまだ気長に待つ
必要があるようです。


そんなこんなで、箸休めに雑記でも。



******



最近買って、とても良かったレシピ本。

「 JETBOILで簡単クッキング(地球丸) (Click!) 


コレ、ほんとに目からうろこが落ちます。
ジェットボイラーは買っておいて損はしないでしょう。




JETBOILといえば、「早くお湯が沸かせるだけの道具でしょ?」と
思われていると思いますが、私は結構普通に料理にも使ってます。


実際、山で米からの炊飯もしましたし、麺料理も日常茶飯事。



Img_c5fdaab9c658be1a8046ad0945d5af1b


でも、JETBOILくんは、とろ火がどうも苦手だったりします・・・汗
これがネックだったんですが、この本を読めば、その悩みも解決。


「ほっほ~。こうやれば火をつけたり消したりしないで
済むのか!」とひとり感心してしまいました。


燃料もいままで以上に効率的に使えるようになったので、
とっても経済的です。



今のところ、一番小さいガス缶1個で、2回のテント泊山行+
日帰りハイクに行ってますが、まだ余っています。



JETBOILは、片付けもラクだし、テント内においておいても
うるさくないのが個人的に結構気に入っているポイント。



ちなみに、先日火打山で作っていた「石狩鍋」 (Click!)  は
このレシピに載っていたものでした。

(鮭缶で作るお手軽鍋料理、結構、反響ありました。笑)



Img_0cfa201e6c141de46f94b8b9e273219f


今週末は、お日柄もよさそうなので、紅葉の湖でカヤック&
JETBOILであんまん(orそば粉おやき)を蒸してみようかと。

(これはレシピには出てません)





今後も、JETBOILで料理実験、イロイロやってみたいと思います^^





先週末は、10/26のこと。

軽井沢のカフェ、coffee house shaker に立ち寄るついでに
なおっちを誘ってカヤックを楽しんできました〜。


紅葉も湖も、さほど期待せずに行きましたが、思った以上に
素敵な湖上さんぽが楽しめました。


どれほど贅沢な時間が過ごせたかは、きっと写真から
察していただけることでしょう。





✳︎スライドショーが表示されない方はこちらへ  (Click!) 


正直、パドリングするのがもったいないくらいの鏡面だったので、
じっさいにはほとんど漕がずに、のんび〜りプカプカしていました。



凛も半分以上は寝ていたかもしれません。笑



カヤックでいやされた後は、shakerの秋冬限定リンゴケ-キで〆。
これを食べないと、なんだか物足りなくって、秋を迎えた気がしないのです。


しかし秋の軽井沢は本当にどこも美しくて気持ちがいい。


ちなみに今回はgxrくんとsummarの軽量コンビで撮影しました。



もしなにかお気に召した写真などありましたら、
お聞かせいただけると喜びます(^^)