life and journey with camera.
http://time-triper.petit.cc/
@timetriper
|  note  |  lifelog  |  analog photo  |  trip  |  album  |  me  |
Img_b08cdb436465ba2c9d26988961fb4fe8
( Ricoh GXR + Leica summar 5cm F2 )


注文していた四つ切の写真が届いたので、
自宅玄関に飾ってみました。


この写真は、今年の父の命日参りの時に、
霊園の桜の木の下で撮った家族写真です。


写っているのは、母・姉・弟・私、そして
愛犬たち(凛と鈴音くん)。




父が亡くなってから4年以上経ちましたが、
年に5-6回はお墓参りをし、毎回欠かさず、
銀塩カメラで家族の写真を撮るようになりました。


姉は結婚し、実家から徒歩3分の場所に住んでいますが
弟はカフェで店長をやっていて、川崎で一人暮らし。


きっと、お墓参りという行事がなければ、こうやって
家族が集合することは、ほとんど無かったろうと思います。


そして、身近な家族が亡くならなければ、こんな風に
「家族写真を撮り残しておこう」なんて、
きっと、思わなかったと思います。


自分にとっての、大切な人。
大切なモノ。
大切な瞬間。



今、現在進行形のときは気づかなくても、その‘存在’が
なくなってから、ようやく気づけることがたくさんある。





普段は風景写真を中心に撮る私ですが、過去を振り返って
みたときに、一番グッとくる写真てどんな写真だろう?


・・・私はやっぱり、じわじわ響くのは「私写真」だなぁと。


(私写真=撮影者の身のまわりの事象やプライベートな
 出来事などを題材とした写真のこと。)



だから、父の他界がきっかけで、「記念写真」を
もっと撮ろうと思いましたし、
自分にとってのたくさんのpreciousを、写真とい
う目に見える形で残していきたいなぁとも思ったのでした。






Img_0cd8ce86cf21f3610f348447fe31a6c3
( Ricoh GXR + Leica summar 5cm F2 )


そして、着々と、自宅ギャラリー化計画が進行中。笑





ちなみに今回初めてプリントをお願いしたのが
「山本写真機店さん」 (Click!) 


山本さんに一度お願いしてみたい!と思ったのは
この特集コラムを読んだからでした。  (Click!) 


写真に対して、とても共感できる想いをお持ちの方で、
遺影写真のストーリーは、決して他人事ではなくて
結構今のご時世、多いんじゃないかと思ったりします。




この夏、モンゴルに行ったとき、乗馬している写真を
撮ってあげたら、「これ遺影写真にしたい!」と
とても喜んでいただいたことがありました。
(60代後半の女性の方でした)


ある程度、先のことを意識するとそうゆう風に
思えるんでしょうね。



でも、自分も含め、まだ若い人だって、いつ死ぬかなんて
わからないし、もしかしたら1年後にはいないかもしれない。


さらに、犬や猫などの動物たちは人間の数倍の速さで
年をとってしまいますから、いつまでも元気でいてくれる
保証なんてないですもんね、、、。



わが家の黒犬さんも、今年で10歳。


いままで、凛の写真はちょっとずつ撮ってはいましたが、
私と一緒に写ってる写真は、ほとんど撮ったことが
無いことにきづき、先日、森の中で記念写真を撮ってきました。


遺影写真、というわけではないけれど、こうやって、
1年に1-2枚でもいいから、撮っていこうと思っています。







*********


こちら(↓)の写真は、1年前、白馬岳HIKE中に
偶然遭遇した友人夫婦をとらせてもらった時の写真です。


二人とも、いい顔してるなぁとしみじみ。


Img_7aff5ac6c2acfb3567274152fb31fe4e
( Nikon FM2 + Carl zeiss planar 50mm F1.4 )


 

大好きな場所、大好きなモノ、大好きなコト。


きっと、そういった空間にいるだけで、
きっとみんな、自然とイイ表情になると思うから。


そういった場所で、記念写真を遺す、
お手伝いもしていきたいなぁとも思っています。
(仕事にするとかではありません)



とりあえず、自分も含め、身近なひとたちのpreciousな
瞬間を一つのテーマに、しばらく写真をとってみようと
思っています。



愛車と。
愛犬と。
夫婦や家族と。

趣味に没頭している瞬間なんかもいいですね。


「ぜひとも撮って~」というモデル希望の方、
絶賛募集中です。笑



そうやって、少しづつ撮りためて、数年後、写真展でも
やれたらいいですね。



(年明け早々には、自分で写真を焼けるようになるべく
暗室の写真学校にいくつもりデス!)



11月あたまの3連休はカヤック旅へ~。

前々から行ってみたかった静岡の清流・気田川を
下ってきました。




初日はシトシト雨でしたが、カヤックはどのみち濡れるので
多少の雨が降ろうが、風が強くなければ、おかまいなし。



こうゆう悪天候のときは、割と男性の方が「この天気でも
やるんですか?」と弱気な問い合わせをしてくるんだよねぇと
カヤッククラブのオーナーさんが言っていました。

女性の方が、やっぱりドーンと構えているそうです・・・笑





さて、そんなワケで、初日から2日目の朝まで雨模様
だったので、今回写真はほとんど撮っておりません。



そもそも、瀬が続く川下り中はあまりカメラも出せないので、
ここは撮っておきたい!という場面のみ撮影しましたが。

ツーリング中は、なかなか構図合わせも難しいですね、、、。







Img_3a46ddffd14fc6f8df83cc0d9e98c80a


2日目は思っていたより天気がよくなって、暑くも無く寒くもなく
最高のカヤック日和になってくれたのは嬉しかったです。
(ちょっと濁流だったのはザンネンでしたが)



ちなみに今回も旅の相棒(カメラ)はGXRで、レンズは
LEICA summarとVOIGTLANDER ultronです。


山旅はフィルム中心ですが、川旅はやっぱりコンパクトな
デジタルが向いているような気がします。




Img_7d4146dbfd978900e91d407ea816192a


川下りは、どこにいっても、いつ行っても、
やっぱり空いているのがイチバンの魅力。


連休だろうと、混雑とは無縁の世界。




Img_2ed0fdc4fcfe87b9851cb2306ce1e229



そこいらに転がっている流木で、焚き火もしたい放題。
燃やしたい放題。




そうそう、カヤック旅って、瀬を下るときのドキドキ感とか
スリル感は、バイクツーリングに似てるなぁと今回思いました。


というか、コケても痛くないという意味では、バイク以上に
ライディングの爽快感を楽しめる乗り物かもですね。
(いちおうバイク歴も8年)


バイク乗りの人々は結構やってみたらハマるんじゃないかと
思うのですが、たまには川旅もいかがでしょう?!




Img_ecb4d3ad634d6f605fb53451ce3f1e4c



カヤックキャンプのときはいつも川原で野営なのですが、
今回は2週間前の大雨で川原の状況が変わってしまい、
急遽キャンプ場に泊まることに。




夕飯は、七輪で焼いた鮎の塩焼きと、
ダッチオーブンで焚いた 筍ごはん、
そして野菜たっぷりの味噌鍋をいただきました^^



Img_0870afaf139a64c2811c45352a955688
Img_f342fb44c5ab2ed80f37f7d821147143


余ったごはんは、アルミホイルに包んでおくと、
翌朝ダッチで再度温めて食べたり、昼に焚き火で
温めて食べたりできるのがイイですね。


Img_396f475d252604948317a50315218510


夜の味噌鍋が、翌朝は味噌煮込みうどんに早代わり♪



Img_e8dd67d42e238554a54dad634c8c4bd3


最近、アウトドアでの2日目のお弁当はもっぱら
自分でアレンジしたサンドイッチ。

中でも、コロッケサンドはラクでよいですなー



Img_09380ff140ca86b083c48079b3cb2a63


最後は、新東名・静岡SAのスイーツ(まかいの牧場)で〆。

新東名が山側に出来たおかげで、
移動中の楽しみも増えましたし、
気田川が近くなったのも嬉しい限り。






やっぱり人工物の見えないのどかな風景包まれながら
どんぶらっこっこ~と川の流れに揺られていると、
心がス~っと癒されます。



これだから、川旅はやめられません。





今回は、本来の清流とは程遠い濁流だったので、
来春にでもリベンジできたらいいなぁ。


また、折を見て、出かけて行きたいと思います。








~余談~

ここのところ、気温の下がり具合に反比例して、
食欲がますます増進中(?)の気配。


いやはや、食欲の秋ですネェ。


ランニングなどの日常的な日課は続けているものの
明らかに夏より体脂肪が増えたなぁと思っていたら。


理由はこの論文 (Click!) をみて納得。


まさに冬眠前の熊のようなものなんでしょーか。
見事に10月11月に上昇してますもんね。


というわけで、無理に食事制限などせず、適度に運動を
続けながら、残りわずかな秋をめいっぱい楽しみたいと思います!





Img_a0d3508f8d9cc4e428290a6fab5fb358
( Ricoh GXR + voigtlander ultron 28mm F2 )


グラノーラ作りを始めて、きづけば6ヶ月が経過。
我ながら、よくも飽きずに続けているなぁとおもいます。


結構周囲からも好評なので、最近は差し入れがてら、
いろんな人にあげたりする機会も増えてきました。


そんなこんなで、週2回は焼いてるような状況。


材料も業務用サイズでまとめ買いしているので、
もうすっかりこなれたモノ、です。





Img_faf84837b00123d07ad70fca0a355d80


で、いろいろ少しずつ試行錯誤を繰り返しながら、
理想のグラノーラレシピを日々模索中。


そして、ホームメイドなグラノーラの美味さにハマって
私のレシピ  (Click!)  を参考に、グラノーラ作りに
挑戦している人が、実は結構いるとかいないとか?


ただ、このレシピどおりに作ると、なぜかパラパラ
(塊が無い状態)になってしまうことがたまにあり。。汗


普段、自家製豆乳ヨーグルトと混ぜて食べる分には
パラパラで良いのですが、、、

アウトドアの携行食として持っていくときは、
塊があったほうが食べやすいんですよねー。


で、つい先日、トレランに持っていくために、
愛用のレシピ本に掲載されていたオートミール
クッキーを作ってみました。

ちなみにレシピ本は、「なかしましほさん」の
『毎日食べたいごはんのようなクッキーとビスケットの本』です。



出来上がったのがこちら↓




Img_37880197261a7cea8604f2b03b63f54b


小麦粉は極力使わないようにしているので、
いつもは蕎麦粉ですが、今回は米粉をツナギに使用。


米粉は小麦粉に比べて、

「吸油率が低い」
「血糖値の上昇が緩やか(腹持ちが良い)」
「消化が良いので胃もたれがしにくい」
「アミノ酸を多く含み、栄養価が高い」とか、
メリットもいろいろ。


食べてみた感想。

「うん、シンプルで美味しいけど、口の中の水分
持っていかれるなぁ」という感じ。

飲み物無しではチョットきつい。


個人的には、「なかしましほさんレシピ」と、
いつものレシピをミックスしたものが理想系では?
と思い、とりあえず試作レシピをメモ。




Img_6d46aa0568fa871c1c3ec3d76b24be8d



  -----------------------------------------------

  (作りやすい目安量)


  ★そのまんまゆず 1袋
  ★甜菜糖またはメープルシロップ  70-80g 
  ★オートミール 150g
  ★かぼちゃの種 40g
  ★ミックスナッツ(素焼き) 60g
  ★そば粉 60g
  ★レーズン 50g
  ★スライスアーモンド(生) 60g
  ★塩 2つまみ

  ・水      大4
  ・サラダオイル 大4

  ※前回のレシピより、水とオイルと蕎麦粉が増量


  ①下準備
  そのまんまゆず:包丁等で粉々にする
  オートミール:フードプロセッサーで細かくする
  ミックスナッツ:同上
  オーブンを130℃に余熱しておく

  ②ボウルに★をいれ、全体が混ざるように手で混ぜる。

  ③オイルと水をいれ、両手でしっかり混ぜる。

  ④オーブンシートの上に③を重ならないように広げ、
    130度に予熱したオーブンで45分焼く。

  ⑤焼けたら取り出して、冷めたら手で好みの大きさにポキポキ割る。


     -----------------------------------------------




出来上がったサイズ感は、かなりの理想系。
(塊になる部分と、パラパラなところの割合が程よい感じ)


ただちょっと、しっとり感が強いので、サクサクなのが
好きな人には向いてないかもしれません。
(↑焼き上がりは思ったけど、冷めたらしっとりではなかったです)


後日、もうひとひねり、してみたいと思います!


先週の日曜日、11/9のこと。

以前、トレランシューズを購入させていただいたお店
のイベント「はじめてのトレイルランニング」に
参加してきました。


Img_3574b9d30569a9659e62ee1d93c7bbb9


このご時勢、トレラン講習は数あれど、、、

「こんな催しを待ってました!」と
すぐさま飛びついた理由としては...


[未経験者&初心者対象]
[女性講師(年代も近い)]
[女性目線での装備やウェアへのアドバイスが聞ける]
[比較的自宅から行きやすい(県内)]
[半日設定で、走る距離や時間が短かい]

そしてなにより、

[時間や距離を重視するハードな走り方ではなく
‘自然とのふれあい’を大事にしているところ]

が大きな理由です。





Img_3d85e5e9514ce6ba91228c0eacc6b7fc




当日は雨予報でしたが、「雨でも楽しそう!」と、
ポジティブシンキングな7名の方々が逗子に集結。


みなさんの行いが良いおかげか、びっくりする位
良い天気&コンディションになりましたし^^


・・・やっぱり、類は友を呼ぶ、なんでしょーか。


本当にあっという間でしたが、非常に楽しい時間を
過ごさせていただきました^^





Img_20f30200ace80ffe9f11db0e13f919a0
(お気に入りの場所で和むひととき)


ちなみに今回ナビゲートしてくださった熊田さんは、
常に自然体で、いつもニコニコと朗らか。

ふわっとやわらかい雰囲気のとても素敵な方でした。



教えるというより「一緒に楽しみましょう~♪」
という感じで、知識よりも『楽しみ方』を重視している
スタンスが新鮮で、ものすご~くよかったです。



ただ走るだけじゃなくて、
寄り道や道草もいっぱいしながら。


誰かと笑いながら、自然の中を走ることが、
如何に 気持ちの良いことか!というコトを、
まざまざと身をもって体感してきました。




Img_e2c5fe3cd08dfd9ce7a8ea451d3081bf



およそ2時間程度、軽~く逗子の里山を走って、
お昼過ぎに解散。



解散後は、有志メンバーで沖縄料理屋
さんやプリン屋(マーロウ)さんへ。


その際に、参加者のみなさんとfacebook交流をしたり、
アウトドア活動やライフワークまで話が弾んだりと、
イベントの後も良い刺激を受けたりしています。


最初に顔を合わせた時、「こんな天気予報でも
来るくらいの方々なので、きっとどこか似たもの
同士のはず。

ぜひこの機会に打ち解けてください!」という
熊田さんの引き寄せ効果も絶大だったと思います◎


トレイルランというと、やっぱりストイックな
イメージが先行しますが、こうやって素敵な講師
には、気持ちの良い方々が集ってくるんだなぁと
しみじみ感じた一日でした。












~今回の体験から得た学び&改めて気づいたこと 覚書~

Ⅰ.タイムや距離に縛られず、‘気持ち良さ’を感じる速度を大切に。

Ⅱ.笑顔で挨拶ができる心の余裕を持とう!

Ⅲ.走りたい!と感じる場所で走れば、楽しさ倍増

Ⅳ.どうせなら、走りたくなる路(トレイル)へ足を運ぶべし

Ⅴ.ただ走るだけじゃなくて、山と戯れる遊び心も忘れずに…!

Ⅵ.身近な自然/フィールドの魅力を再発見しながら走ろう

Ⅶ.トレラン=大人の野遊び?
 誰もが童心にかえってしまう魔法のようなアクティビティ







とりあえず自分の中での収穫はこんなところです。




なお、あまり写真は撮りませんでしたが、よろしければこちらもどうぞ。




※スライドショーが表示されない方はこちらから  (Click!) 





また、機をあらためて、「私がトレランをはじめたワケ」
についても後日ゆっくり書きたいと思います。




が、今回は兎にも角にも、「熊田さんのトレラン
ワールド」にすっかり引き込まれた一日でした。


ちなみに熊田さんはこんな方→ (Click!) 





また近いうちに、今回を機に知り合った皆さんと、
どこかでご一緒できたらうれしいなぁと
ひそかに願っている今日この頃です。




週末作ったグラノーラの備忘録メモ。

しばらくこれで定着しそうな予感。



クッキーにしても、ヨーグルトに混ぜてもgoodです!



Img_9f12e9a1587d620b5fa9761b2b110c47
  -----------------------------------------------

  (作りやすい目安量)

  ★甜菜糖   20g
  ★オートミール      150g
  ★かぼちゃの種       40g
  ★ミックスナッツ(素焼き) 60g
  ★そば粉          60g
  ★レーズン         50g
  ★スライスアーモンド(生) 60g
  ★自然塩 1つまみ
  ★そのまんまゆず  1袋 ※お好みで

  ・水      大3
  ・米油     大3~4
  ・メープルシロップ     大2 


  ①下準備
  そのまんまゆず:包丁等で粉々にする
  オートミール:フードプロセッサーなどで細かくする
  ミックスナッツ:同上
  オーブンを130℃に余熱しておく

  ②ボウルに★をいれ、全体が混ざるように手で混ぜる。

  ③油→水→メープルシロップをいれ、両手でしっかり混ぜる。

  ④オーブンシートの上に③を重ならないように広げ、
    130度に予熱したオーブンで45分焼く。

  ⑤焼けたら取り出して、冷めたら手で好みの大きさにポキポキ割る。



Img_06c263c901fe7dbbf8225b07662d7b03



と、毎度レシピ掲載だけだとアレなので、、、(汗)

たまには使っている材料などの小話なんぞも
書いておきます。



主原料はオートミール(オーツ麦)ですが、
こやつが結構スゴイらしー。


玄米と比べても、食物繊維は3.5倍、鉄分2倍、
カルシウム5倍なんですって。

もっと簡単にいうと、バナナ4本分の食物繊維、
ほうれんそう10倍の鉄分だとか。



おかげさまで、これを食べるようになってから
腸のスッキリ感が毎日尋常ではありません。笑



ナッツとヨーグルトによる相乗効果もあると
思いますが、このおかげで腸内環境が素晴らしく
改善されたと思います。

(もともと10年前から玄米菜食嗜好なので、お通じは
毎日ある人ですが、より、さらに!!なのです。)



これに加えて、初春頃から肉を食べなくなり、
(そもそも昔から肉肉しいものは苦手だった)
早8ヶ月ほど経ったと思いますが。


体におきた変化としては下記のものが大きいです。



-------

◎ジブンの排泄物がほとんどにおわなくなった

◎食べた分と同量程度が毎日キチンと排泄されている

◎汗もにおわなくなった

◎身体がベトベトしなくなった

◎血流がよくなり、肩こりやむくみがなくなった

◎疲れにくくなった

◎睡眠時間が少なくて済むようになった


その他いろいろ(^^)

---------


きっと、しばらく山篭りしてもへっちゃらです。笑



Img_1c190d903aa4fe09e3b7166832a67723



お肉って、そもそも消化するのが大変で、あっと
いう間に腸の中で腐ってしまうらしい。だから、
お肉を食べると悪臭がでる、みたいですね。



まぁ、よくよく考えれば、動物の脂肪(油)は動物の
体温(約40℃前後)で正常に機能するものなので、
人間の体内では、冷えてドロドロになってしまう、
というのは単純に考えれば、そうでしょうし。




なので、私の腸は、仕事も減って、腐敗したニオイ
もなくなって、とても喜んでいると思います。笑


そのおかげで、さらに免疫力があがっている気がします⤴



さらにお勧めポイントとしては、このグラノーラだと、
カラダを温める/冷やす材料のバランスがそこそこ
良い方だとおもわれます。



(たぶんこんな感じ)

極陽性:自然塩
強陽性:蕎麦粉、かぼちゃの種
中庸:アーモンド、くるみ、レーズン、オーツ麦
弱陰性:甜菜糖、菜種油
強陰性:メープルシロップ



おそらく、若干陰性(冷やす)よりと思いますが、
朝昼の2食が陽性寄りなので、私の場合はちょうど
バランスが取れている気がします。



とりあえず市販の白砂糖をたくさん使っている物
よりは、断然良いものだと断言できるので、もし
気が向いたら手作りグラノーラをおためしあれ!