life and journey with camera.
http://time-triper.petit.cc/
@timetriper
|  note  |  lifelog  |  analog photo  |  trip  |  album  |  me  |
Img_2418c24840d39cf8dd3bdf51560c1593
6/30のおはなし。

「西沢渓谷トレッキングとおいしい休日」

 (Click!) 


その他の写真はこちらから




※スライドショーが表示されない方はこちらへ  (Click!) 



Img_a43044ee982688897efa78f80234c4a5

ちょこちょことLifelogのブログも更新しています。


【ビターなチョコ味の焼きドーナツ】  (Click!) 


Img_d261cf90bbe4b1abf2d30833dc41b5f3
【メディカルアロマ Zengest】  (Click!) 


ことり食堂へ


毎年、新緑の季節を迎えるごとに、軽井沢のいきつけのカフェで個展を開いている、アウトドア仲間の‘よんよん’こと風森ひのこ氏 (Click!) が、今年は都内で展示をすると聞き、タイミングを見計らって午後半休をもらい、ランチがてら絵の見学にいくことに。

その場所の名は「ことり食堂」。平日の月~金曜日の昼間のランチ営業で、金曜日のみ「きこり亭(つまり風森氏の作るごはん)」とコラボレーションしたメニューが味わえる唯一無二の貴重なお店。


ことり食堂
東京都渋谷区神宮前2-3-28

Facebookページ  (Click!) 



「ミクちゃんはねぇ。もうゼッタイ、まちがいなく気に入るごはんだよ~」と何人かの友人に言われていたこともあって、前々からずっと行ってみたかった、憧れの‘ことり’さん。

・・・ワクワクしながら会社を13:30にあがり、黄色い電車に10分ほど乗って、やや小走りで向かった先は神宮前。見上げればエネルギー全開の元気な太陽と夏の空。やっぱり青空が見えると、ただそれだけで気分がいい⤴

Img_4c3abfc61b3bce32fd428530027bc576


こじゃれたオフィスや小さな個人店の並ぶ道を歩くこと10分弱。

曲がるべく交差点をうっかり行き過ぎ、一旦リターン。



14:10頃、イルカてぬぐいを片手に、無事に‘ことり’さんへ入店。



Img_d96fa76b59c9d40ba48745d55c23f775


尚、ことり食堂は、ランチ営業12:00~15:00で

売り切れ次第終了



なので、行かれる際はどうかお早めに。

(もちろんこの日はぬかりなく、事前にキープ依頼済)



Img_726c290be917012036a7280f846cef85


白を基調とした店内は実に風通しが良く

大きな窓から覗くフレッシュなGREEN COLORが

なんとも心地良い空間をつくりだしてくれています。



Img_078f1b418c3d7a14ef36dae3a630ad95


やわらかく爽やかな雰囲気にマッチした風鈴。

「チリンチリン」と、風にそよぐ涼しげな音が実に耳心地がよい。



こちらは、たまたま同じ時間に居合わせた方からのプレゼントとのこと。

そんなところからも、このお店がどれほど常連さんから愛されているかが伺えます。



Img_920c97c7fbd7f3f6eeb0c2c9f633e202


「今日は最高に気持ちがいいね~♪」と、

すでにランチのピーク時間は過ぎていたので、

よんよんも常連さんたちも、まったりゆったり、リラックスモード。



Img_f1a6691651661a1e75753e2c82c2fff2


ちなみにお茶やコーヒーはセルフサービスで、

好きな分だけ飲むことができるそう。



(尚、真ん中のものは、醤油ではなく、お茶っこですので見間違いなきよう。)



Img_094ebbaa6853092bb1c6083512e66d70


到着から1‐2分ほどで、ささっと用意されたワンプレートランチ。
ことり食堂のランチメニューは1種類。



「誰かの家みたいな空間で、心と体に優しいご飯を」
がことり食堂のコンセプト


この日のごはんは、玄米と白米のまぜごはん、
たっぷりの野菜とちょっぴりスパイス、旨みが効いた薄味の味付け、
そして適度なボリュームと、絶妙なバランス。


特筆すべきは野菜の美味しさ。

ご出身の栃木にある無農薬野菜を使っているということもあって、
とにかく野菜たちの味が濃い!


ことり食堂のランチはまさに想像していた通りで、
わたし好みのごはんでした◎


こんなお店、近所にあったらなぁ。毎日でも食べたいご飯です。



Img_da4e7058a680841119dcd435c8c8a5d9


店主の‘のんちゃん’が作るご飯は、優しい味がじんわりと染みて
ホカホカほっこりとした気持ちになる。


料理も、顔や字と同じように、その人の人柄が出るなぁ~と、あらためて。



Img_93377ba52b9e98a9dc2a86bc5318332a


15:00を過ぎ、風森さんは至福のひとときを堪能中。



「畳と縁側のあるおうちでお昼寝したい気分だねぇ」と。

あまりの心地よさに、ついうとうとしてしまう昼下がり・・・zzz



Img_f780726d1988641061cb1e19f065be63


ことり食堂には、営業を終えてからも、

ご近所の常連さんたちがひっきりなしにやってくるのがまたおもしろい。




きっとこの場所は、喉がカラカラに乾いた鳥たちが集う

都会のオアシスのような憩いの場所でもあり、

いそがしく動きすぎて、疲れてしまった鳥たちが

羽を休ませにくる大樹のような癒し空間なんだろうなぁ。




まさに、よんよんが描いたおっきな木のような、そんなイメージ。



Img_b8045390f2d635bac3b5252ebcb70563


つい先日が、オープンして丸2年&のんちゃんの
誕生日だったということと、風森さんも20周年ということで。


私からは自家製ホーリーバジルとビターチョコドーナツ、
GWに行ってきたユーコン土産をプレゼント。



とても喜んでもらえてなによりでした^^



Img_35907ae5e6df4fea82f3ba5f4706c7f4


お返しに、和歌山の知人さんから送られてきたという桃を

いただいちゃって、ありがとうございましたm(_ _)m



Img_4210dd9807bcdc1d019a200b1e98105e


個展の絵もそうだけど、ことり食堂には、

作った人の愛がた~くさんつまったものがいっぱい。



Img_097fa2775d435fc28cd6a224be874baa


「カラダがよろこぶ、元気になるごはんを食べて、笑顔になってほしい」

そんな親鳥のような‘のんちゃん’の想いが

たくさんの人の気持ちを動かすんでしょうね。





なんだか、そんなことをしみじみ感じた午後のひとときでした。



Img_9b62c032c0c841a2ffcbfc196ae66344


尚、ひのこ氏の個展は今月いっぱいまでやっているようです

渋谷&原宿界隈にお出かけの際には、ぜひ‘ことりさん’へ。



私もまた、ふらりと羽休みにいかせていただきますね~。



旅支度

今日はお休みで、今週末から7/26まで、海外キャンプトレッキング旅(4年前に行ったときの写真はこちら (Click!) ) へ行くための準備をはじめました。いつも通り、遊びではなく、今回もお仕事ですが。山中3泊4日、標高3000m~4000m、残雪有り、ということもあり、手持ちの装備を見直し、ちょこちょこ買い足したり、メンテナンスをしてみました。

Img_b3c690aa158ccf02f1d2bdd0a96076aa
湖畔サイトからの星空に期待!


INOV ROCLITE 286 GTX

今まで使っていたミッドカットのトレッキングシューズは10年前に買ったもの。そろそろ機能的にも限界がきていて、あまり足にもなじんでいなかったことから、買い直しを決意。ここのところ、トレイルランには非防水のシューズを愛用していましたが、さすがに残雪があったり、高所の縦走トレッキングには心もとないなぁと思い、せっかくなので、ファストトレッキングや残雪期や冬のトレランにも使えそうな靴を物色。

目に留まったのは、イノヴェイトというナチュラルランニング系のイギリスのメーカーの靴。ゴアテックス内装で一番軽いといわれている(?)超軽量ブーツ。実際に履き比べてみると、足周りの軽快さが全然違います。これなら、気軽に走れそう◎ ただ、あまり耐久性がないようなので、行く場所は上手に選ばないといけませんが、私がいくような場所はまず問題ないかと思われます。

ソールがとてもやわらかいのがちょっと気になったので、アルトラシューズのロックプレートを靴底にいれてみたら、これがなかなかGOOD!突き上げがあるようなガレ場のトレイルなどでは、積極的にプレートを使っていこうかと思います。


Img_7b29942923ee514188b5cd4c929ff9dd
細身でスリムなので、タウンユースにももってこい。


Img_93ca208604144163e46d003e372b8dc7
履いた感覚は、まるでバスケットシューズのよう。


smartwoolのベースレイヤー

ここ数年、ものすご~く好きで愛用しているのはメリノウールのTシャツやタイツ。化繊だと、すぐに肌がかゆくなってしまう敏感肌体質なので、普段は絹かオーガニックコットン、アウトドアではメリノウールばかり着るようになりました。

(参考)なぜウールがいいのか?その訳は・・・
汗冷えしにくい。汗をかいてもゆっくり乾燥。汗や水蒸気などの水分は、繊維内に一旦取り込んでからゆっくり蒸散。だから気化による急激な体温減少が少なく、ぽかぽかした適切な体温に保ちます。
防臭・抗菌作用で毎日がリフレッシュ。ウールの最大の特徴は汗臭くならないこと!着替えがすくなくて済むので、縦走や旅行に最適。
夏涼しく冬あたたかで一年中快適。温度を一定に保つ性質のあるメリノウールは、四季を通して快適に着用することができます。
敏感肌にもおすすめ。スマートウールは人間の髪の約1/10~1/3という非常に細い繊維を使用しています。そのためとても柔らかく、しなやかで足や肌に優しいのが特徴。



Img_b05dd995121e638fa82303635aba26a6



Img_7f697a2800a17e680f196774e4d7c23d
(買ったものアレコレ。吉祥寺SEASONさんから画像拝借)

いままではシンプルデザインのicebreaker  (Click!)  ばかり着ていましたが、smartwoolは日本人体型にも合っていて、薄手のRUNシリーズがあるのがいいなぁと。あと、個人的にはアンダーウェアのデザインの良さは、他社より群を抜いて良いと思います。


ちなみに今回購入させていただいた吉祥寺にあるお店SEASONSさん (Click!) 、とてもお勧めです。店内はスマートウールの商品しかありません。で、試着もしたい放題。アンダーウェアのモニターテストもやっているようです。オンラインショップは品数も豊富で、送料無料。すごく良心的。個人的には、patagoniaとやmont-bellさんのメリノウェアと、smartwoolやicebreakerは何が違うかのお話が大変勉強になりましたねぇ。なるほど、やっぱり私は後者がいいなとあらためて。


Img_8ed8cc5028ab1f622f071472f79872dc
今日は天気がいいので、雨具のメンテナンスをして撥水性もばっちり回復◎




Img_cfb1b218ce3f05e3181978b6ecdb173c
黒犬さんも洗濯されて、気持ちよさそうでした~




飯盛山とおいしい学校にいってきた

あ、そうそう、この前の日曜日は、凛と清里の山でめいっぱい遊んできたのでした。

この日もいろんな意味でお腹いっぱいな休日。暑がりな凛好みのコースを選び、朝露したたる藪漕ぎをしたり、岩をよじ登ったり、沢を渡渉したり、川で水浴びしたり、甲府盆地を見下ろしながらのスカイランを楽しんだりと、朝から昼まで、飯盛山でたっぷり遊んできました。


距離は10km程度ながら、滝よし、苔よし、沢よし、展望よし。高原の爽やかな風とニッコウキスゲ、マイナスイオンに癒されました〜。やはり天然クーラーのきもちよさに勝るものはないですね。


そのときの写真はこちらから。





★スライドショーが見れない方はこちらへ  (Click!) 


12時には下山し、下山後は、古い校舎を改築して、宿泊や食事することができる「おいしい学校」 (Click!) へ。給食メニューは3種類。カレー、シチュー、夏のお楽しみ給食。結構迷いました。笑 だってコッペパンも捨てがたい!なお、いずれも炭水化物が多いので、高校生くらいの胃袋に戻れないと食べきれないと思います。。


薬草入りのハーブのお風呂もパン屋さんも良かったので、また今度ゆっくりしに行こうと思います^^