life and journey with camera.
http://time-triper.petit.cc/
@timetriper
|  note  |  lifelog  |  analog photo  |  trip  |  album  |  me  |
Img_51623f733a992ccce2856dccd39415ba
今日の午後はおとなしく家にいて、
毎年恒例年賀状デザインDONE!

年末年始に仕事で海外に出ることが多いのですが、
せっせと毎年欠かさず作ってます。

年賀状ってわくわくしますよね。
作るのも届くのも。


毎年、その年に行った旅先での写真1年間分を
ずらっと並べて、「今年も変わらず元気にやってるよー」と。

そして、みんなも変わらず元気でありますように、
という祈念を込めて送ってます。

なかなか直接は会えない友人知人に向けての
‘念ヶ状‘みたいなものかな。


でも、このおかげで、1年間の写真を整理できるのが
ありがたくもあるわけで。


今年もまた、年の瀬は家に引きこもる日々が続きそうです。
12/12(土)のこと。

昨年同時期に参加させていただいた「年忘れ Free Somen Camp」
に、日帰りで行ってまいりました。

(イベント主旨は過去ブログ (Click!) をご参照ください)


今年もたくさんの笑顔につつまれ、小豆島の恵みを存分に堪能。


Img_20810c22cceecf6b2a491557d499013f
今年は本栖湖洪庵キャンプ場にて開催。


Img_301772a453b7c518ac740967cf39f955
生姜のきいた鯖の漬け汁がとっても美味でした◎


Img_88bec14b6211b67422f9b9ea1b349671
これは自作のぜんざいwith玄米もち♪


滞在僅か4時間弱なので、あまりたいした写真はありませんが、
その他の写真はこちらから↓




※スライドショーが表示されない方はこちらへ  (Click!) 



******************


‘年忘れ’とは。

年の暮れに、その年にあった苦労を忘れること
また、そのために催す宴。」

だそうです。



おいしい空気を吸いながら、楽しく笑って美味しく食べて、

富士山のパワーと顔見知りの面々の笑い声で、自然と

気持ちが軽やかになりました⤴



都会の飲み屋さんでやる忘年会より

確実に数十倍の効果があると思われます。



Img_9d764e2b77b4d6962484629a1827985f

いつも「どうも」もみなさまも、

「あ、おひさしぶりです」なみなさまも、

今回「はじめまして」のみなさまも、

み~んなとてもきもちの善い方々でした。



やはり、『類は友を呼ぶ』んでしょうねぇ。



「波動の法則」

「波長の法則」

「引き寄せの法則」

を最近しみじみ実感することが多いです。




日々のささやかなことに感謝の気持ちをもつことが

できる人は、ドンドンポジティブ思考の人同士で

くっついていって、ますます幸せで豊かな状況に

なっていく連鎖のこと。




今回の催しも、実際、みんながみんな、ニコニコしながら

「ありがとう~おいしかった~」

と言いながら帰っていってました。





これもすべては、プロバイダーのみなさまのおかげ。



大量の素麺(小豆島名産・島の光)

三宅さんや井上誠耕園のみなさんが愛情いっぱい
育てたオリーブの新漬け

涙が出るくらい美味しかった~。



工藤さんのみかんも、いつもたんまり分けて下さって
ただただ頭が下がります。



そして素麺を黙々とゆでて用意してくださった黒子役の
皆さんにも感謝感謝。



2015年も、ほっこりとした気持ちで幕が閉じれそうです^^



Img_0ea47a3ed95e3c6c9e8200659ae3c18f



Free somenの宴は、幸せの輪!

主催してくれたあか姉ちゃん、ありがとう。




「笑いこそは、‘年忘れ’の最良の薬」ダ。



今年もこの催しに参加できたことに感謝。

楽しい時間をありがとうございましたm(_ _)m


Img_b6c23e367fe72da65c47204ea703b208
「Merry X'mas♪ @cafe shaker」


ブログ記事はこちらから

 (Click!) 
Img_e5fcf4eaee98800d55547bf5f544d130

2015年最後の日曜日、12/27のこと。

知人の山岳ガイドさんが下見に来るというので、
わが地元・丹沢のマイナー登山ルート
(ヤビツ峠〜大山〜北尾根〜地獄沢〜ヤビツ峠)を
コンパスと地形図を片手に探訪してきました。

年末の日曜日でも、であった人は10人未満。


Img_16a9d36cc4827733e64ffab699f44015


非登山ルートを歩くということを体験し、
また一つ世界が広がった感じ。

こんな身近に森深いルートがあったとは~。
尾根上のミズナラの巨木やヤマモミジもいい感じでした。

今度は春か秋に来てみたい。

来年は、地図読みマスターして、こうゆう自然度が
濃い、人があまり足を踏み入れない山を
走りに行けるようになりたいものです。

地図読みできると遊び場も広がりますね。


Img_07fece973aa39d4bfcd584d95a18abfe

そして、久しぶりに食べた山ごはんは
やっぱり美味しかった。


山に行くと、ついせかせか走ってしまうのだけど、
こうゆう時間も大切にしたいな~


Img_687790570fd0b55f620412d86d324de6

それと、この日、久しぶりに履いた「山と道」さんの
5ポケットロングパンツ。 (Click!) 

最近とってもお気に入りなのです。

短足足太な自分は、真冬以外はハーフパンツスタイルが多いのですが
シルエットがスッキリ見える気がするし、足回りも軽快。

そして何より、山と道さんはWEBでも複数の体型の方をモデルに、
実際のユーザー目線での着用感がわかる画像を
いっぱい載せてくれているところがとても素晴らしい。

他のメーカーもぜひ採用してほしい。
特に女性体型の着用感がわかる画像って貴重なんデス!



ちなみに私のはxsサイズでネイビー。
(身長164cm標準体型)

人気なのですぐ売り切れになるけれど、待っていれば
定期的に販売されるので、FB等チェックしてみてください。


Img_80b56700ab79710765d8545a9dd4f4fe

この日は、9:30から登り始めて、15:00前に下山。
「思ったより疲れましたね~」ということで、下山後は糖分補給を。

「車出してもらったし、運転もしてもらったので」と。
ケーキセットをご馳走になってしまいました。

そういえば、山ごはんもご馳走になり、水から食料から重たいガス一式
担いでもらってしまって、なんともありがたい気持ちでいっぱいです。。



ここ数年、山に一緒に行く人(同僚・友人)は、結構こうゆう気遣いが
当たり前のようにデキル方がとても多い。

交通費は割り勘で、運転してくれた分、食事をおごってくれるとか。
食費は少な目にしてくれたりとか。車を出す分の優遇処置というのかな。

人によっては、交通費すら分担してくれない人もいる中で、結構
すごい配慮だと思います。

山岳会とか、山の世界で生きてきた人ほど、そうゆう労いの気持ちや
振る舞いがサラッとできるのかもしません。

性別関係なく、「素敵な心遣いだな~」と毎回思います。


自分がしてもらったらうれしいことを、他人にもしてあげる。
自分がされて嫌なことは、他人には絶対にしない。



これが自分のモットーなので。
同じように、自分もそういう労いができる人でありたいと思う。

し、そうゆう類の人が周りにどんどん集まって来てくれれば
自分もうれしい。

自分も、周りの人にとって、気持ちの良い付き合いができる人で
ありたいなーと、しみじみ思った1日でした。


2015年の良い山納めになりましたm(_ _)m






(その他の写真はこちらから↓)




※スライドショーが表示されない方はこちらへ  (Click!) 


本日は、蕎麦界メンバーとの「蕎麦納め」。

いつものお蕎麦屋さんは年末年始の休業中なので、
代々木八幡駅近くのお蕎麦屋さん  (Click!)  にいってきました。


Img_5dce6cadc43021f452398888b0d56c7a
(あか姉はモリ蕎麦+小カレー。
体育会系男子向けかと見間違うほどに量が…多い。)




Img_67ca78d369d986375e0f926626895094
(私が頼んだのは小ネギトロ丼セット850円)




Img_755afe3d9a790d06d65b711fe42d56ff
(よんよんは小カツドン丼セット)




Img_fb83f2b3ed25dc9332f03e407f758c31
(一時帰国中のモコダさんは納豆マグロ丼セット)




ちなみに、「年越しそば」は、縁起担ぎのためにはじまった習慣だそうです。

①“細く長く”という形体にあやかり、長寿を願う

②“切れやすい”という食感にあやかり、災厄を断ち切ることを願う

③「そば」は、風雨にさらされても再び日光を浴びると元気よく立ち直る。ここから、「捲土重来を期する」(失敗したことも巻き返せる)という意味が込められた。

ほかにも諸説あり。


新しい年も幸福でありますようにと祈りつつ、おいしく幸せな気分で味わいました^^




Img_fd95f48fc94555e31d1e5fc78dd7d5ba
(モコダ氏、超久々に、日本の美味しい生クリームのケーキを買ってルンルン♪)




Img_fdaf412a565ff6f5c9319e0076ddb061
(2次会は風森邸にて。自作のカップがかわゆす!)




Img_d844290ce8275e6f76fdc25ebf4cc3e9
(モコダさんのカンボジア土産。とってもおいしいお茶をありがとう!)




Img_1a525d24c8cdde36fa602803fd6a0f77
(いつもかわいい“ぬぬ”さん)




Img_108c7027d1377df7872eac84115a53ec
(ぬくぬくの床暖房でまったりモードの面々)




Img_abe0c6fe00407d810f14a7449d3ce84b
(15時のおやつ。おいしかった~♪)




現在カンボジアで海外医療支援ボランティア中のモコダさん。
(カンボジアの前は離島やミャンマーでも活動)

会ったのは半年ぶり?だけど、全然久しぶりって感じがしない。

あいかわらず自分のことそっちのけで奮闘しているようです。
目標に向かって、一生懸命頑張る人は見ていて、ただただ美しい。


--------------------------------------------------

宮本輝 著 「命の器」


 運の悪い人は、運の悪い人と出会ってつながり合っていく。

心根の清らかな人は心根の清らかな人と、山師は山師と出会い、
そしてつながり合っていく。じつに不思議なことだと思う。

“類は友を呼ぶ”ということわざが含んでいるものより、
もっと奥深い法則が、人と人との出会いを
つくりだしているとしか思えない。

「出会い」とは、決して偶然ではないのだ。
でなければどうして、「出会い」がひとりの人間の転機と成り得よう。

どんな人と出会うかは、その人の「命の器」次第なのだ。


--------------------------------------------------


不思議な縁でつながっている我々も、どこかでやっぱり
似通っているところがあるのかなぁ。


みんな、なんやかんやポジティブで、楽しいことをシェアする
ことに喜びを感じたり、好きなことに対してトコトン頑張る
タイプってところが共通点かもしれない。


--------------------------------------------------

私たちは、“与える心”で行動している時に
心の力が最大限に発揮される。


人に対して「喜んでほしい」「役に立ちたい」という思いで行動するとき、
「愛」や「思いやり」の心で行動するとき、
心も体がとても活性化する。

そして、与える心で行動しているときは、疲れにくい。


同じ仕事をする時にも、自分のためだけに働くのと、
与える心で働くのとでは、湧いてくるアイデアから、
体の疲れ方に至るまで大きく違いが出る。


仕事をする時に「この仕事を通じて、お客様
(患者さん)に喜んでもらえる。
貢献できる。うれしい、しあわせ!」という意識で働けば、
豊かなアイデアと素晴らしい出会いに恵まれる。



--------------------------------------------------

そうです。


働く(はたらく)という言葉は、
「傍(はた)を 楽(らく)にする」 

つまり 「周囲の人間を楽にする」という意味
なんだそうです。


医療がまだ整っていない土地で医療ボランティアを
しているモコダさんは、“与える心”がとっても大きい人。

きっと、医療支援でしか得られないスバラシイ出会いが
あることでしょう。


『そこでしかできない体験はpriceless』


満足するまで、頑張ってきてね!!